ブログトップ

月明かりの射す静かな庭

noblemoon.exblog.jp

ECOのフリージアサーバに生息中。現在の企画→ECO小説<運命の赤い糸>

アルマの樹 8 前半


去年に比べて、ショートストーリー考えるのがきつい感じがするんだよなぁ……去年は、関連守護魔一人しかかかわってこなかったけど、今回はことあるごとに全員出てくるからな……あれだ、サモンナイトとかさ、いなくてもストーリー上問題ないキャラクターを「いや、俺もいるぞ!」的な感じで「―!!?」みたいなセリフ吐かせるときあるじゃん……あれは別にいらないと思うんだが、どうだろう。

いいんだよ……全員出てこなくてもさ……(遠い目



全員でワイワイしゃべっているときなんて、エニアがブチ切れて「一人ひとりしゃべれや、こらああああああああ!!!!!」と叫んでもおかしくないレベルだと思う。






○登場人物

・アレア=レフィス
アクロポリス出身の剣士。とある事情で右手が不自由。アルマ学校では家庭科の先生として参加している。アルマの生徒たちからは、くーるびゅーてぃー先生と認識されているらしい。だが、切れると怖い。基本的に突っ込み役。

・エニア=セレラル
タイタニア界で『東の黒い魔女』と恐れられたタイタニアの少女。だが、今はエミル界でのほほんと暮らしている。冥界の王と契約している唯一の魔女であるため、『冥界の姫』と呼ばれている。性格は天上天下唯我独尊な女の子。月の姫であるツクヨミとは親友であるらしく、よく完徹のDVD観賞会などをやっているらしい。


アルマの樹 8 前半

○アップタウンにて

e0010586_23293831.jpg


???:アレアおねえちゃん、姫様、こんにちは。

アレア:あら、あなたは……はっちゃん?

エニア:おおー、ハヅキ、こんちゃ!

ハヅキ:私も学校に行っているの

エニア:へぇ……はっ!!!?

アレア:(;´Д`)どうした?

エニア:くそ!!! もしかして今年もか!!? 今年もお化け屋敷がやってきたのかしら!!!? どこ!!!? あの変態仮面どもはどこ!!!?

ハヅキ:壁|Д゚)

アレア:(;´Д`)警戒するのはいいが、変なところで暴走するなよ……

エニア:(´・ω・`)

ハヅキ:じゃ、学校……行く?

アレア:そうね、上がりましょうか


○アミスの飛空庭にて

ハヅキ:ただいま……

e0010586_23311582.jpg


??:お帰り、ハヅキ

アレア:あら、この子は新顔ね

ハヅキ:うん、シャノワールたちの妹だって

グリ:グリ……

エニア:元気ねぇなぁ、お前ら! もっと腹から声出せ!!!

グリ:ビクッ……!

アレア:(;´Д`)やめんか

エニア:(´・3・`)ぶーぶー

ウルゥ:フフフ、姫様はいつも元気ですものね

ハヅキ:ウルゥ様になってる……

アレア:時々はこうやって合体しておかないと、ウルとルゥの存在バランスがおかしくなるんですって(´・ω・`)

ハヅキ:コクン……

ウルゥ:ところで、ハヅキ。この樹に関して何か分かったのかしら?

ハヅキ:情報収集をした結果、ある程度の推測できた。でも、確証はない……

ウルゥ:話してみては? 推測を話して、他人に意見してもらうのもとてもいいことです。

e0010586_23311219.jpg


ハヅキ:わかった……中程度の確率で、この樹はこの世界には存在しない種。どこかの世界からここに流れ着いてきた……?

アレア:別世界ねぇ……そういうのは、エニアとかが詳しいんじゃないの?

エニア:……?

アレア:ごめん……聞いた私が馬鹿だった。

エニア:えへへー(*´`)

アレア:照れるところ違うわ!!!(;´Д`)ノΣ

????:ただいまぁ!!

アレア:ん?

e0010586_2332987.jpg


ダークフェザー:あ、アレアがいるわ!

アレア:あら、みんなしてどこか出掛けていたの?

バウ:えんにちにいっていたです!

バルル:結構にぎやかでしたよ

シーホース:焼きかき氷なるものがとても不思議でしたわ……

エニア:(;´Д`)え? 焼き……かき氷? 氷を焼いてどうなるんだってばよ……?

アレア:そういえば、アイスクリームの天ぷらとかなかったかしら? あれと同じ感じ?

ハヅキ:天ぷらは……中に火を通さずに揚げる技術があるの……だから中身は冷たい……でも、焼きは分からない……世界には不思議なことがいっぱいある……

エニア:あれじゃね? ただのかき氷を『焼きかき氷』とか言って売ってるんじゃね?

アレア:(;´Д`)夢も希望もないことを言うんじゃないわよ

アミス:あら、みんなお帰りなさい

シャボタン:ただいま、先生!! 先生の分のたこ焼きも買ってきたんだよ!

アミス:あら、本当に? ありがとう、みんな^^

アミス:(ところで、アレアさん……)

アレア:?

アミス:この時期、アップタウンかダウンタウンで縁日なんてやっていたかしら……? 私が知らないだけ……?

アレア:(;´Д`)あ、うん……ちょ、ちょっとわかりづらいところでやっているのよ……

アミス:そうなの……私も今度行ってみたいわ♪

エニア:^-^;

アミス:アレアさんたちも来たことだし、アレアさんたちと一緒なら、もう一度縁日に行ってもいいですよ。私はアップタウンに用事があるから……

アレア:そういや、まだ今年は縁日行ってないな……

フミツキ:フミはこれからロウゲツちゃんとレディーになるためのお勉強!

アレア:(´・ω・`)頑張ってら

ローキー:エニア様やはづにゃーが良ければ、今度は花火を見に行きたいのじゃ!

エニア:お、花火イイねぇ

シャボタン:花火……? 花火ってなぁに? お花を……燃やしちゃうの……?

ハヅキ:花火は、一般的には火薬と金属の粉を反応させて、いろいろな音と光を楽しむもの。空に打ち上げて、それを地上から見ると、空に炎の花が開いたように見える……って聞いたことがあるの。

アレア:聞いたことがあるって……見たこと無いのか

シャボタン:よかった……お花を燃やすわけじゃないのね

シーホース:お空に炎のお花……もしかして、あんな感じですか?

エニア:ん? こんな明るいうちから花火なんてやってるわけ……

バウ:あう!>< アップタウンで何か燃えてるです!!!

アレア:む……一体何かしら……アップタウンで火を使うようなイベントは禁止されているはずよ。

エニア:火事になったりしたら大変だもんね!!!

アレア:てめぇは月一でセイ君との鬼ごっこで街を壊してるじゃないのよ!!!

エニア:つ、月一じゃないもん!!!! 最近は週一だもん!!!!!

アレア:余計ひどいわ!!!

エニア:えへへー(*´`)

アレア:だから、照れる場面ちゃうわ!!!!!!!!

アレア:とにかく! アップタウンへ行って確かめるのよ!!!


○アップタウンにて

e0010586_23393691.jpg


アレア:これは……火事じゃないわね

エニア:なんだこれ、キャンプファイヤーか?

ウルゥ:これはかがり火というのです、姫様

エニア:お、おう……なんか、普段のウルとルゥからすると、ウルゥの時のギャップが……

ウルゥ:フフフ、でも、私もウルやルゥと同じくらい、お二人のことが好きですよ?♪

エニア:お、おう(*´Д`)

アレア:かがり火とはいえ、こんなもんじゃ、いつ倒れて他に火が移るかわかったもんじゃないわ。

ローキー:では、水を持って……

アレア:エニア、よろしく

エニア:開け冥界の扉! カオスゲイト!!!

どがああああああああああああああああああああん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ローキー:……( ゚Д゚)

ハヅキ:……ガタガタガタガタガタ

e0010586_23395590.jpg


青い服の子:はい、お水持って……あれ?

エニア:ん? 誰、あんた?

アレア:このへんじゃみない子ね。

青い服の子:と、とにかく、まだかがり火はいっぱいあるの!! こっちに来て!!

e0010586_23402370.jpg


バルル:じゃぁ、水を持って……

アレア:ウルゥ、鞘を持ってて
注意:アレア姉さんは右手が不自由なので、刀を抜くときはペットに鞘を持たせている。

ウルゥ:はい、アレア

アレア:一閃!!!!

ザシュ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ローキー:(;´Д`)剣圧で……!?

バルル:アレア姉さん……かっこいいです……

アレア:こんなもん、ちょっと頑張れば誰にだってできるわよ

ウルゥ:フフフ、アレア、鞘です。

アレア:ありがと

青い服の子:うわさには聞いてたけど、この二人本当に強いんだ……


e0010586_234129100.jpg


アレア:これで最後かしら……?

エニア:カオスゲイト!! よっしゃ! これでもう煙は上がってなさそうかなー

ウルゥ:お疲れ様です。他に火も移ってなさそうですし、とりあえずは大丈夫でしょう

?????:あ!! やっぱりだ! 全部消えてる!!

アレア:ん?

?????:くっそー! お前たちか! なんで火を消しちゃうんだよ!!!

ウルゥ:どうやら、あの子が火をつけたようですね?

ハヅキ:こんなところで火遊びは危ない……あなたはどうして火をつけるの?

?????:なんで? 必要だからに決まってるだろ!! もうわけわかんねぇ!! それに、あなたじゃねーよ!!! 私には、サラマンダーって名前があんだい!!!!!><

エニア:あ、逃げるわ!!

ウルゥ:逃げるのはよろしくありませんね

エニア:(;´Д`)ウルは逃げてばっかりだったけどね

ウルゥ:……それは言わないでほしいのだ

アレア:とりあえず追っかけるか……私たちが最初に気付いたからいいものの、どんな理由があるにしろこんなことをしていたらそのうち騎士団につかまるわ。

エニア:向こうには……熊島のクマーがいるわねぇ……また向こうへ逃げたのかな……

続く。
[PR]
by sei_aley | 2012-09-16 23:42 | ECOショートストーリー