ブログトップ

月明かりの射す静かな庭

noblemoon.exblog.jp

ECOのフリージアサーバに生息中。現在の企画→ECO小説<運命の赤い糸>

バハムートラグーン




スクウェア(現在はエニックスと統合)が出した、シミュレーションとRPGを合体させた、まぁつまりはシミュレーションRPGである。



最大4人+一匹のドラゴンのPTを1ユニットとして、ドラゴンの数だけPTを組むことができ、それを通常のシミュレーションの駒のように移動させて戦闘を行う。

戦闘画面はいわゆる横から見た視点で、FFに似ている。一回の『攻撃』が1ターンに相当する。つまり、戦闘は1ターンが経過すると、終了される。敵を倒していた場合にはドロップ品や経験値などもその終了時に得ることができる。


スキル等を遠距離から、敵ユニットに直接撃ったり、草や森、建物すら自在に破壊できる。建物を破壊すると敵が出てきたりするので、大破壊は意外な窮地を呼んだりする。

味方のドラゴンには、あらゆるアイテムを餌として与えることができ、そのときの属性値などでドラゴンが成長。クラスチェンジすると姿が変わる。

主人公のドラゴンたる『サラマンダー』も作中屈指の強さであり、特定のクラス以上にすると、




HPが減らない状態になる




何だその無敵。

並み居る敵陣の中に放り込んでも(ドラゴンは完全AIで、正確には特攻させているのだが)、無傷でこちらに帰還する最強。どんなに凶悪な魔法でダメージを食らおうがHP????から変化することはなく、すべての雑魚を一掃する


おそらく日本ゲーム史上最強の味方キャラ


である。


ユニットの移動能力等は、編成したキャラに大きく依存し、移動力の高いキャラだけでユニットを組んだりすると、飛行するモンスターよりすばやく移動できたりする。その移動距離は異常を通り越して神クラス。ただ、戦闘のシステム上、囲まれると途端に形勢が不利になる。(特に遠距離からスキルを連発されると反撃不可能という素敵さ)

特に砲台からの遠距離が強く、現実世界での砲台の強さを認識させてくれるゲーム。硬い痛い遠いと、3拍子そろった強敵。


ただ、後半になると敵のHPがうなぎのぼりに高くなり、最終的にBOSSを囲んで乱打戦になる。HPが1万以上になると????と表記されるため、敵のHPが不明確なのがそれをさらに際立たせる。

寄り道で行ける最高マップにいる敵になると、MAP開始から2,3時間戦ってもたどり着けなかったりするほど雑魚のHPも高かったりする。
やっとBOSSまでたどり着いても、もう1時間ほどは戦う羽目になる。



とまぁ、簡単に説明するとこんなゲーム。

後半の戦闘のだるさ(ラスボス戦は攻撃が激しいので逆にきつい)さえ目を瞑ればかなりの良ゲー。実際にリメイクや続編を期待することもちらほらと聞こえる。


だが、このゲーム……












寝取られゲー







このゲームのヒロインが、主人公の国のお姫様であり、敵国にさらわれるという設定になっている。

主人公は、お姫様を救い出すために、仲間とともにレジスタンスを結成して敵国に立ち向かっていく……というストーリーなのだが、このお姫様が大問題で、












なんと敵国将軍と不倫



するという大悪事をやってのける。


物語途中でヒロインを取り返すことに成功するのだが、そのときには時すでに遅し。ヒロインの心は敵将軍のもの。

主人公との仲は 完璧に過去のもの とされている。



しかも、この将軍 図々しくも仲間になったりするから困る




しかも、主人公と同じクラス(職)で




もともと主人公のクラスはその世界でも特別なものであるらしく、物語後半まで専用クラス扱い。しかも、凡庸と比べれば使いやすく、二刀流というかっこよさも相まって主人公として申し分なく活躍していた。


だが、突如として現れた敵将軍も同様のクラスを有し、基本スペックもそう変わらないため、完全にグラフィックを変えた主人公といってもいい。ただ、マップ上で使うスキルのレベルはドラゴンのレベルとそのスキルを使えるPTメンバーの人数をかけたものになるため(ファイアを使うメンバーが3人いたとして 3レベル(ドラゴンのレベル)×3=9レベルのファイアとなる。)、同PTに在籍させてMAPスキルを使うと強いのだが……


物語の経緯から、どうしてもこいつとはPTを組みたくねぇ



というジレンマに陥る。



主人公とヒロインが、未来を約束するというイベントすらあるのだが、それが行われる教会もまたゲーム中に登場し、


今度は敵将軍とヒロインが未来を誓う場となる。


理不尽この上ないイベントなのだが、さらにこのイベント中、主人公を操作してその場に 居合わせることができる

しかも、話しかけても 完全無視

一言もしゃべらなければ、こちらを向くことすらないという なんと形容したらいいのかすら分からない怒りがこみ上げる最悪のイベント となっている。


さらに戦闘で、敵国の将軍クラスに取り囲まれる戦闘があるが、そのときに『各個撃破していけばそう難しくない!』と、こちらに命令してくる。




てめぇえええ、裏切り者の癖に俺に命令するんじゃねええええええよおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!



と、本気でコントローラーを投げそうになった(*´▽`*)コロスゾ、テメェ



ちなみにある戦闘マップの障害物として、その約束の教会が出てくる。

雷魔法で粉微塵にできるので、難易度の低い2週目以降は忘れずに破壊しておこう! お兄さんとの約束だ!!( ゚Д゚)9m





もちろん、どんなに破壊しようが 

復活してイベントは滞りなく進むのですが




さらにラストバトルが終了すると、ラスボスさんをヒロインの中に封印するというイベントがあるのだが、そのときにこのヒロイン、



あなたも力を貸して? というような台詞を吐いてくれる




しかも、自分が裏切ったということを自覚しているようで『私を許せないよね……』というような台詞も言ってくれる上、


『それでも、あの頃のように^^』






うはwwwwwwwおkwwwwwwwww無理wwwwwwサポシwwwwwwwwwwwwww





極めつけとして、このゲーム……



ヒロインと主人公に命名可能




好きな子の名前を 間違って 入れてしまったらもう大変。

なかなかきついラスボス戦を乗り越えた先に待っているイベント、エンディングは、見ないほうがいい


まぁ、最後は敵将軍も敵国の国民に刺し殺されるわけですが。



もう、ここまでやったなら結婚式とかしろよ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




いろいろな意味で、すさまじいイベントが大量です。この理不尽なイベントの数々で、このヒロインはスクウェア3大悪女の中の一人に数えられ、知る人ぞ知る最悪の人となっております。

それでも、3週はした俺。ヒロインのことさえなければ最高クラスのゲームだった。

敵に拉致られたヒロインが敵国の将軍と恋に落ちる……まぁ、今考えればありなストーリー化も知れないが、

主人公に救済の相手がいないのがキビシイ

せめて、サブヒロインとか作ってほしかったよ……orz



最終的に、主人公の相方は伝説の神竜バハムートとなり、世界を守護する役目を担う。エンディングは彼がバハムートの背に乗っている絵で終わり。







ん?









サラマンダーはどうした!!!!?
[PR]
by sei_aley | 2007-03-14 15:41 | ゲーム感想