ブログトップ

月明かりの射す静かな庭

noblemoon.exblog.jp

ECOのフリージアサーバに生息中。現在の企画→ECO小説<運命の赤い糸>

アルマの樹 11 後編


さぁ、これで残るはデス様だけだー!





〇登場人物


・アレア=レフィス

アクロポリス出身の元冒険者。現在はいろいろあって引退中。
去年はフシギなタマゴの事件に関わっていた。今年はアルマの事件に関わり、アルマ学校の家庭科教師をしていた。
幼いころから冒険者として独り立ちしていたせいもあって、落ち着いた印象。だが切れると怖い。
アルマ学校が本格的に始動するにあたって、アルマ学校の先生を止めることとなった。


・エニア=セレラル

タイタニア界に君臨していた東の黒い魔女。だが、現在はエミル界でのほほんと暮らしている。
タイタニア連合国発表の危険度レベルは『出会ったら即諦めるレベル』。ちなみにこれは最上位から2番目のレベル。
天真爛漫な少女。お気を付け下さい、彼女はドSです。
冥界の王と契約している唯一の魔女であるため、『冥界の姫』と呼ばれる。冥界では2番目に偉い扱い。
自分を守ろうとしてくれるアレアを慕っている。辛い人生を歩んできたアレアには幸せになってほしいと思っている。


アルマの樹 11 後編


〇アミスの部屋にて

ぷるぷる:あ、お帰り……材料そろったの?

アレア:エニア、お帰り

エニア:(;´Д`)あれ、姉さんじゃないですか。今回はもう出番なしじゃ?

アレア:(;´Д`)何の話?

オートメディック:今、最後の材料が集まった……すぐに薬の調合を始める。

ミカ:みんなが頑張ってくれたおかげで、あっちゅーまに集まったな♪ 後は頼むでぇ、あんさんが頼りや、オートメディックはん!

シモツキ:ぷるぷる、あなたずっとアミス先生について看病していたの? あたしたちが交代するから、少しくらい休んでなさいよ?

ぷるぷる:うん、ありがと。あとちょっとしたらあたしも休憩するね……

オートメディック:よし……できた。これを飲ませてあげて。

ぷるぷる:わかったわ。

オートメディック:ゆっくり……そう。

ぷるぷる:これでいいの?

オートメディック:たぶん大丈夫。薬の効果が効いてくるまで、1,2日はかかる

シモツキ:わかったわ。交代交代で看病しましょう!



〇数日後……

シモツキ:で、アミス先生の様子はどうなの? ……顔色は昨日よりいいわね。

ミカ:峠を越えたってのは、間違いないな。あとはいつ起きてくれるかやね♪ カスミ姉やんに頼んでおかゆの準備もしてもらってるで!

オートメディック:……そろそろかな

アミス:……ん?

ぷるぷる:!!

アレア:お

ぷるぷる:アミス! アミス、目が覚めたの!!?

アミス:ん……私……オートメディックちゃん、シモツキちゃん、ミカちゃん……それに……アレアも

アレア:もうだいぶ良さそうね。よかったわ、アミス。

アミス:ありがとう……それに……あなただったのね、ぷるぷる。ずっと看病して、私に声をかけていてくれたは……

ぷるぷる:……

ミカ:よっしゃ! アミス先生起きたで! みんなにおしえたらな。

シモツキ:よかったー! よかったー! ほんとに、心配かけて、もう!

ぷるぷる:……えへへ。本当はもっと上手に変身できるようになってから、驚かせたかったんだけど……でも、私……ちょっとだけ無理をしすぎちゃったみたい……

アレア:ちょっと、ぷるぷる……大丈夫?

ぷるぷる:……zzZZ

アミス:……もう、ぷるぷるったら、すごく疲れてたのね……寝ちゃったみたい。

アレア:びっくりさせないでよ……看病する側が倒れるなんて、まさにミイラ取りがミイラになったわね。

セイ:こんちわー

アレア:あら、セイ君……

アミス:セイさんもお見舞いに来てくれたんですか?

セイ:ああ、アミス先生、気が付いてよかった……で、ぷるぷるは?

アレア:ミイラになってそこでぐっすりと。

セイ:(;´Д`)え?

オートメディック:……

セイ:うーむ、少し遅かったか……

アレア:?

セイ:姉さん、ちょっと話がある。

オートメディック:私からも話がある……


〇アミスの飛空庭にて

アレア:で、話って何よ?

オートメディック:その前に一つ確認がある……あのぷるぷるって子はアルマじゃないの?

アレア:え? アルマでしょ? 人の姿になれるし……

セイ:いや、おそらくはまだ完全なアルマじゃない。

アレア:え?

セイ:ぷるぷるの話を聞くと、まだ自由に人の姿にはなれないと言ってた

アレア:確かそうね。まだ変身できる時間が短いって……疲れるからって

セイ:だが、俺たちが出会ったとき……初めて変身したローキーには、そんな制限はない。変身できる時間に制限だってないし、人の姿になっているからって疲れるわけじゃない。

アレア:……つまり?

セイ:ぷるぷるは、他のアルマと同様に人の姿になっているわけじゃない。おそらくは無理な手法で変身している。そのツケが疲労や変身の制限時間として表れているんだ。

アレア:ツケを……つまり、今ぷるぷるが倒れているのは、看病疲れというわけじゃなくて、そのツケがたまりにたまった結果ということね。

セイ:問題は、そのツケをいかにして支払っているかということだ。

アレア:……いかにしてって……じゃぁ、最近いろいろ調べていたのは……

セイ:アルマは、守護龍どもを始まりとして学校のアルマ以外にも色々いるらしい。記録をいろいろ探っていくと……ぷるぷるはかなり大変なものを付けとして払っている可能性がある。

アレア:……

セイ:最悪……ぷるぷるはこのまま目覚めない可能性もある。


続く
[PR]
by sei_aley | 2013-01-14 00:48 | ECOショートストーリー